〜ブログ・SNS〜 釣り具掘り出し物♪ / たっきーと工夫生活の日常♪ / 熱血!スキー上達への日々♪ / Twitter

ヒラメ100枚への挑戦!!

このブログでは かなり濃くマニアックに専門的に 釣りのことを書いていこうと思っています♪ タックル紹介、釣行、メンテナンスや小技等… をメインに書いていこうと考えています! 自分は主に ソルトウォーターを中心としたルアー専門にやっていて ヒラメ、トラウト、ライトエギング、ロックフィッシュなどやります(^^♪ 特に ヒラメに特化して書こうと思っています。 基本的には 自分の釣りを貫き通し通すということで そんな釣り方を? ということもあると思います。 興味のある方はぜひ ブログを読んでみてくださいね(^^)/

16_メタニウムMGL

メタニウム シリーズ最安値情報♪

メタニウム シリーズ最安値情報です♪



15メタニウムDC最安値情報♪
16メタニウムMGL最安値情報♪





以下のブログもやっていますので
宜しくお願いします

釣り具掘り出し物♪
熱血!スキー上達への日々♪
たっきーと工夫生活の日常♪




アウトドア&スポーツ ナチュラム

【メガバスオンラインショップ】

日本最大級のカスタムパーツ品揃え!ヘッジホッグスタジオ



 

16メタニウムMGL最安値情報♪

16メタニウムMGL最安値情報です♪



・16メタニウムMGL 右

・16メタニウムMGL 左

・16メタニウムMGL HG 右

・16メタニウムMGL HG 左

・16メタニウムMGL XG 右

・16メタニウムMGL XG 左







以下のブログもやっていますので
宜しくお願いします

釣り具掘り出し物♪
熱血!スキー上達への日々♪
たっきーと工夫生活の日常♪



アウトドア&スポーツ ナチュラム

【メガバスオンラインショップ】



16メタニウムMGLについて♪

今回は
16メタニウムMGLに関して
書いていこうと思います




↑ちなみ
楽天では予約可能なようです



07メタニウムMgが出てから
5年目で13メタニウムが出ましたので
13メタニウムが出てから
3年目ということで
非常に早く次の機種が出たように感じましたが…

よく考えてみると
メタニウムシリーズと言っても
05メタニウムXTがあったり
07メタニウムMgがあったり
いろんな種類がありましたよね

ということで
今回はモデルチェンジ
というわけではないですよね



ただし
スペック的に見ると
全体的に13メタニウムに
S3Dスプール、サイレントチューン
MGLスプール、NewSVS∞
が追加され
さらにベアリング数も1つ増加
ということで
もはやモデルチェンジ

という感じもしてしまいます

ノーマル、ハイギアに関しては
13メタニウムより5g重いです
。)



しかし
一見これだけを見ると
本当にモデルチェンジのように感じがしますが
比べることができない部分があります

それは
リールのサイズで
16メタニウムMGLは70番サイズということで
ラインのスペックも

13メタニウム:12 - 120 14 - 100 16 - 85 20 - 70


だったのに対し

16メタニウムMGL:12 - 100 14 - 90 16 - 80 20 - 65

( lb - m )


という感じになっています。



13メタニウムより
基本的な性能が上ですが
この点によって
違ったリールとも言えるでしょう


ですが
個人的には16メタニウムMGLの方が
オススメできる感じです




さて
今シーズンから
新しい機能が追加になっているので
少し説明をしていこうと思います


まずは
MGLスプールに関してです。

1:29 MGLスプール 1


このMGLというのは
マグナムライトスプールの略のようで
06アンタレスDCや07メタニウムMg等にも
搭載されていましたが
今回はそれの進化版ということになっています。

1:29 MGLスプール 2


何が違うかというと
従来では
不可能とされていた
スプールの側面のブランキングに成功したことで
慣性モーメントが10%軽減し
飛距離が約20%向上したようです


この値は
実験値なので
なんとも言えませんが
明らかにスプール慣性が軽減されているので
前作よりは飛距離が出るのは確かでしょう




そして
NewSVS∞に関してです。

1:29 NewSVS∞ 2

基本的に
従来のSVS∞と仕組みは一緒です


ただし
大きく違うところは
外部ダイヤルのブレーキ幅が
広くなったところです


1:29 NewSVS∞ 1


まずは
2012年に搭載されたSVS∞とSVSの
ブレーキ力の比較です。

1:31 12SVS∞とSVSのブレーキ比較


続いて
今年2016年に搭載のNewSVS∞とSVSの
ブレーキ力の比較です。

1:31 16SVS∞とSVSのブレーキ比較


一番見やすい4つブレーキONにした場合を
両者の画像を比較してみると
SVS∞はSVSの約2〜6個ONで
NewSVS∞はSVSの約1.7〜6.6個ON(目分量)

くらいというのがわかり
この値を見ても
ブレーキ幅の広さが見て取れると思います



SVS∞でも内部を調整しておけば
外部である程度なんとかなりましたが
場合によっては
内部を再び調整しないといけなかった
と思います

しかし
これの良いところは
NewSVS∞では
外部ダイヤルの調整幅が広がったことによって
内部を調整しておけば
SVS∞ほど内部調整する必要が
なくなるという点です


13メタニウムなんかは
サイドプレートが完全に外れるタイプなので
現場での調整は
誤って落としてしまうこともあると思いますが
極力内部調整を避けることにもつながる
ということで
こういった点も良い点だと思います。



欠点に関して考えていきますが
実際に使ってないのでわかりませんが
ダイヤルの調整幅が広くなったというのは
ブレーキパイプの傾斜が急で
変化を大きくしたのか
ダイヤルの回転幅を広げたのかわかりませんが
もし傾斜を急にしたのなら
ほんのわずかの調整がやりにくくなったり
するかもしれないですね


ただ
ブレーキシューの形も変わっているので
外部ダイヤルやブレーキパイプに関しては
従来通りなのかもしれないですが…



という感じで
かなり長くなりましたが
16メタニウムMGLは
非常に最新技術をほとんどというか
すべて搭載している
素晴らしいリールではないでしょうか


そして
13メタニウムと同じ価格帯ということで
今季16アンタレスDCと並んで
非常に人気の高いリールになると思います






以下のブログもやっていますので
宜しくお願いします

熱血!スキー上達への日々♪
行ったら?そりゃ見逃せないでしょ!!







 

2016年度のシマノの新製品情報♪

ネタバレ注意です
















ほぼ確実という情報を
載せていこうと思います



まずは
待ちに待ったあのリール

とうとう
アンタレスDCがモデルチェンジして
16アンタレスDCが発売なるようです



今の所分かってる情報は
基本的なスペックは12アンタレスと同じで
それに新世代DCを搭載したリール
のようです

ちなみに
DCブレーキは
前作06アンタレスDCと同様の
4×8の新型DCのようです



最長飛距離は
MGLスプール新DCの相乗効果で
キス釣りまでカバーできちゃうような
圧倒的な飛距離が出てしまうリールのようです


これはこれは
大変なことになってしまいそうですね

MGLスプールは見た感じ
今までにない場所に穴が空いているように見えるので
マグネシウムでかつ肉抜きをして
軽くしているのではないでしょうか?

そのため
マグネシウムライトスプール
の略とかかもしれませんね



あと
デザインの方が気になりますが
DCのダイヤルは
06アンタレスDCのように外部に1つと
15メタニウムDCi-DC5SVS∞
外部ダイヤルと同じ場所に1つ
配置されるのではないでしょうか?

と予想しています



とにかく
大目玉商品となってきそうです




続いては
16スコーピオンXT16アルデバランBFS XG
出るようです


16スコーピオンは70番台で
10スコーピオンXT 1000と同じスプール径で
メタニウム類などと同じく
ノーマル、ハイギア、エキストラハイギアの3タイプ
が発売になるようです。

自重も185gと軽く
ベアリング数も前作より1つ多くなっているようです。



一方
16アルデバランBFS XGは
なんと前作より15gも軽量化していて
おそらくどのメーカーの中でも
ベイトリール史上最軽量かと思われます

マイクロモジュールギアの搭載は
この価格帯なら入れて欲しいですが
15アルデバランが非搭載だったので
おそらく搭載しないと思います




そしてなんと
遠心力ブレーキではなく
マグネットブレーキ搭載になる
ということです

ちょっと気になりますよね



そして
16スティーレという
新しいベイトリールも誕生するようです

PG(パワーギア)があって
アルデバランと同じくらいの価格帯

のようで
クラドなどの上位機種で
メタニウムやアルデバランとは
違った方向のリールという感じがします


ハイスピードなハイギア系が
出てきていますが
その一方でハイパワーな
パワーギアも最近よく出てきてますよね

にしても
クラド、シティカ
新たなベイトリールが増えてきてますよね



そして
16メタニウムMGLという
リールも発売されるようです

一見
07メタニウムMg
モデルチェンジのように感じましたが
MGLってMGLスプール
というスプールを搭載したリール
という意味のようです

それに
もし07メタニウムMgがモデルチェンジしたとしても
13メタニウムってMgボディなんだけど
どういうこと…?

となりますよね


もしかしたら07メタニウムMgの
モデルチェンジかもしれませんが
個人的にはこんなふうに解釈しました



基本スペックは
13メタニウムのままで
より飛距離が出せるリールになっているのが
予想できます


あと
MGLスプールって
マグネシウムっぽいので
もしかしたら淡水専用になってしまう
のでしょうかね?



あとは
16ヴァンキッシュも出ますよね

これは
16ヴァンキッシュに関して♪
に色々と載せてみました



最後に
ポイズングロリアス
モデルチェンジするようです


詳細に関してはよくわかってませんが
グリップはカーボンモノコック搭載?

のようです

ちょっとわかりませんが…



あとは
どのように変わるのでしょうかね…

新しいテクノロジーがない限りは
そこまでの変化はなさそうです。

ダイナバランス設計等を搭載してしまうと
アルティマに近づいてしまいますし…

トルザイトリングの搭載はあるかもしれないですね



という感じですが
やっぱり毎年毎年
目玉商品を出してきますよね



ステラの周期が4年に移行して
これから5年になろうとしているわけですよね

毎年何かしら注目リールを出すということは
その間に毎年出していかないといけないということで
メーカー側も大変になってきそうな気がします



ということもあって
今回上位機種であろう?

スティーレというリールに
着手したのかもしれないですね



これから
ステラやヴァンキッシュなどに加えて
アンタレス、カルカッタコンクエスト
メタニウム
等のリールが
周期的に定まってくる可能性が少しありそうですね

ただし
周期化するということは
その間によりよく進化できないまま
リールを出されても
購入者側がガッカリするわけなので
その辺も難しいですよね…



ちなみに個人的には
来年こそは
カルカッタコンクエストDC
モデルチェンジするのでは?

とも思ってます



大変長くなりましたが
2016年度新製品が
想像以上にモデルチェンジするということで
私自身非常に大興奮状態です




以下のブログもやっていますので
宜しくお願いします

熱血!スキー上達への日々♪
行ったら?そりゃ見逃せないでしょ!!







  
〜釣具オススメショップ〜
釣り具が安いです♪


送料全国一律325円!!


高評価で利用しています♪


オンライン限定商品♪




ミネベア製のベアリングを買うならここがオススメ♪

















カテゴリー
月別アーカイブ
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
ブログ村