ヒラメ100枚への挑戦!!

このブログでは かなり濃くマニアックに専門的に 釣りのことを書いていこうと思っています♪ タックル紹介、釣行、メンテナンスや小技等… をメインに書いていこうと考えています! 自分は主に ソルトウォーターを中心としたルアー専門にやっていて ヒラメ、トラウト、ライトエギング、ロックフィッシュなどやります(^^♪ 特に ヒラメに特化して書こうと思っています。 基本的には 自分の釣りを貫き通し通すということで そんな釣り方を? ということもあると思います。 興味のある方はぜひ ブログを読んでみてくださいね(^^)/

15_カルカッタコンクエストHG

14,15カルカッタコンクエスト(HG)の最安値更新♪

14,15カルカッタコンクエスト
15カルカッタコンクエストHG
最安値情報を
更新いたしました〜



14,15カルカッタコンクエストの最安値情報♪
15カルカッタコンクエストHGの最安値情報♪




以下のブログもやっていますので
宜しくお願いします

釣り具掘り出し物♪
熱血!スキー上達への日々♪
たっきーと工夫生活の日常♪







  

シマノ 14,15カルカッタコンクエストの最安値♪

今回は
14,15カルカッタコンクエスト最安値
載せていこうと思います


14カルカッタコンクエスト100
14カルカッタコンクエスト200

15カルカッタコンクエスト300
15カルカッタコンクエスト400



15カルカッタコンクエスト100 HG
15カルカッタコンクエスト200 HG




以下のブログもやっていますので
宜しくお願いします

熱血!スキー上達への日々♪
行ったら?そりゃ見逃せないでしょ!!


今後の釣行やスキーの予定♪

2月7日、8日にかけて
スキーしにニセコに行ってきます



7日はナイターで滑って
翌日8日は検定を受けようと思っています

初めての検定なのですごく緊張してます



普通に滑れれば良いのですが
ついつい緊張して思いもよらぬ状態に
なったりしないように頑張りたいと思います


 
また
11日、12日の2日間も
知り合いと滑りに行く約束をしています。

無事8日に検定合格して
次へのステップの練習を11日、12日に
出来ていることを祈ります

1:30 8



そして
釣りの方ですが
年明けてから1ヶ月ほどが経ちました

少しは様子見に海へ行ってるのですが
少しポイントを選ばないと鈍いようなので
できればもう少ししたら
また本格的に海に顔を出そうと思っています。



やはり
この時期はポイントを絞って移動しないと
なかなかうまく結果につながってこないので
もう少し我慢ですね

水温がもう少し暖かければ
それなりに良いのでしょうけど
まだまだ寒い冬が続くので
まだ少し難しい感じですね



そして
今年も新たな新製品が続々と出てきたわけで
欲しいタックルがいくつかあります。

15メタニウムDC、15カルカッタコンクエスト100HG
15.コルトスナイパー、パワープロZ
ドルフィンキッカー、ブレイクライナー



今年発売でないものでは

13ステラSW、14ステラ、ワールドシャウラ


あたりですかね



ロッド、リールに関しては全く未定ですが
ルアーやラインに関しては購入する可能性はありますね




ということで
とりあえず今はスキーの方を
頑張っていこうと思っています








 

15カルカッタコンクエスト追加モデルについて♪

いよいよ新商品一部が公開になりましたね

昨日公表ということで大興奮で眠れませんでした

というのは大げさですが…



本日から
特徴とか用途とかについて
ちょっとずつ書いていこうと思います

今回は
15カルカッタコンクエストに関して書いていこうと思います

今回は300、400、100HG、200HGが追加となりました

15カルカッタコンクエスト 200HG


前作の01カルカッタコンクエストにも
300、400がありましたので
前作同様に追加となりましたね



ここであれれ?
 
と思うのが
HGにも言えますが300、400に
”HAGANE”ボディが搭載されたことです。

このままだと
100、200に搭載されないままになってしまうので
なんとなく悲しい感じがします

”HAGANE”ボディは
2015年に発売のリールのほとんどに搭載されていますが
これは今年の核となる新機構ということみたいですが…



っとまたあれれとなるんですが…笑

なぜか前からあるリールにも
”HAGANE”ボディが…

急遽前からあるリールにも搭載ということになったのか
あるいは前から使われていたのか…

今のところよくわかりませんね



ちなみに
この”HAGANE”ボディとは
高い剛性を持つ金属を採用することによって
剛性感アップやボディの歪みや撓みが
軽減されるため巻き上げ力にも貢献しているそうです



そして
200HGや201HGには
エキサイティングドラグサウンドが搭載されています。

15カルカッタコンクエスト HG
ソルトゲームにも対応ということで
魚に走られた時にジーッとなるように
エクスセンスDCと同様に搭載したのでしょう

この機構については
ドラグ音がどのようになるかわかりませんが
好みが分かれますね



それから
300、400のスプール径は
従来のモデルに比べ2mm大きい43mmスプールとなっていて
スプール幅は従来モデルに比べそれぞれ
5mm3.5mm小さい27mm、34mmとなっています。

ちなみに
300、400に関しては
従来のようにレベルワインドが
スプールと同期して動くタイプかはわかりませんが
何も書いていないので同期しないタイプだと思います。

 

自重に関しては
100HG、200HGは100、200に比べそれぞれ
5g、25g重い220g、265g予定となっています。

また
300、400は従来に比べそれぞれ
10g、15g軽い325g、330gとなっています。



そして
その他は特に14カルカッタコンクエスト
変わりはありません



300、400に関してすごいのは
やはりパーミングのしやすさにありそうです

Sコンパクトボディ


14カルカッタコンクエストから
センタースプール設計にすることによって
パーミングする方がかなり小さくすることが可能です。

というのも
スプール径ギリギリまで
小さく出来るので従来に比べもの凄く小さくできます。

センタースプール設計 のコピー


その分ギアボックスがドンと出てしまうのは
仕方ないことですね 



最後に
15カルカッタコンクエスト300、400の用途は
従来通りライギョや国外の大物などに使うのに適していそうです。

しかしHGというのはどうでしょうか?



もともと
カルカッタシリーズは
巻きのトルク感と軽さが売りでした

原理はローギアにすることによって
巻きの力強さを実現していました。



ですが
ハイギアにしてしまうことによって
他のリールとあまり変わらなくなってしまうのでは?

と思ってしまいます



ソルトなどを視野に入れて開発したみたいですが
ソルト用としては微妙な最大巻上長だし
どのように使っていくのでしょうかね?



確かに
見た目的に私個人も好きなので
ソルトで使いたくなりますが
HGにして本来の巻き感が少しでも失われてしまうのなら
なんとなくもったいない気がします

矛盾するようなことを書きますが
ギア比が上がったことによってロックフィッシュなどにも
十分使いやすいモデルということなので
カルカッタコンクエストを使いたいけど
ギア比が低くてちょっとな…

という方にはすごく良いモデルを出したと思っています。



もしかして
今後XGも出ちゃったりして…?

そんなことないですよね〜



とりあえず
フィッシングショーで実際に触って
巻き感とかどのような違いがあるかなど
体験できると思うので
触ってみてからということになりそうですね


次回は
2015年キススペシャルやルアー関連について♪
で2015年Newキススペシャルルアー関連について書いて
その次あたりにまたリールなど書いていこうと思います








SVS∞の軽量ルアー対応&微調整について♪

今後
SVS∞の軽量ルアーチューンしたものって
出てこないのですかね?

従来のSVSでしたら
ブレーキシューを変えてブレーキ力を変えてますよね。

12:27 ブレーキ


というかそれでしか
ブレーキ力を変える方法がありませんでしたね

メカニカルブレーキマグネットブレーキは別として)



ということで
ブレーキシューの個数や種類を変えることによって
セッティング出来てました。

また従来のリールでしたら
スプール径やブレーキシューの種類を変えることでしか
軽量ルアーに対応できませんでしたよね。



ところが
SVS∞では従来通り内部のブレーキシュー3種(色)類に加え
外部ダイヤルで調整できますよね

SVS∞ 2


ブレーキシューを新たに軽量ルアーように開発してもいいですが
それは従来のSVSでも出来たのでここでは省きますが
外部ダイヤルで調整するブレーキパイプを
どうにかすることができる
と思いました



というのも2パターンありますが
まずはブレーキパイプの角度を変えるということです

現在の外部ダイヤルでは
ブレーキシューの個数を調節するより
外部ダイヤルの方が目立って変化してる感じがしました

ということでブレーキパイプの角度を調整すればより
細かくセッティングできるのでは?

と感じました



またもう一つは
外部ダイヤルの調整幅をもっと広めるということです。

例えば
現在12アンタレスだと1〜6の無段階調整ですが
これを1〜10くらいまでにするとか
1〜6まででもいいが
もっと外部ダイヤルのギア比を変換して
ブレーキパイプの飛び出し具合をもっと緩やかにする
とかできそうですね



また
SVS∞のユニット部分と従来のユニットとの
自重の差があるかわかりませんが
この部分に関しても
ほんのわずかでも軽量化できそうですね



SVS∞を使用してみて思ったことですが
13メタニウム、14スコーピオンなどはわかりませんが)
外部ダイヤルで変化する量が大きすぎると感じたので
この調子だと軽量ルアーを扱うのに大変そうな感じがしました

難しいなら単純に外部を調整しないで
内部のブレーキシューの個数で調整すればいいという話ですが
SVS∞を搭載しているのに外部ダイヤルを調整しないというのは
さすがにもったいない話ですね



今年発売の
15アルデバラン15アルデバラン BFS XG リミテッド
はわかりませんが
32mmスプール搭載のリールで初のSVS∞ですから
どうなるのか楽しみでもありますね



今後夢屋
外部ダイヤルのギア比を変えるパーツは
ちょっとありえない感じですが
ブレーキパイプの角度が違うパーツで
より微調整できるパーツって出ませんかね?笑

でも
確か夢屋で内部を分解して装備するパーツは
出したことってないですよね

(強いて言うならカルカッタコンクエストDC
DC基盤くらいですかね?)



だとしても
もし各リールに搭載されている
ブレーキパイプの角度が違うということになってくれば
部品だけを頼んで組み替えることはできそうですよね




先ほども書きましたが
15カルカッタコンクエスト15アルデバラン BFS XG リミテッド
に関しては次回書いていこうと思います








〜釣具オススメショップ〜
釣り具が安いです♪


送料全国一律325円!!


高評価で利用しています♪


ミネベア製のベアリングを買うならここがオススメ♪













楽天市場はポイントが
貯まりますよ♪


釣り旅行のついでに
ポイントが貯まる♪


送料無料がいいですね♪
カテゴリー
月別アーカイブ
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ