ヒラメ100枚への挑戦!!

このブログでは かなり濃くマニアックに専門的に 釣りのことを書いていこうと思っています♪ タックル紹介、釣行、メンテナンスや小技等… をメインに書いていこうと考えています! 自分は主に ソルトウォーターを中心としたルアー専門にやっていて ヒラメ、トラウト、ライトエギング、ロックフィッシュなどやります(^^♪ 特に ヒラメに特化して書こうと思っています。 基本的には 自分の釣りを貫き通し通すということで そんな釣り方を? ということもあると思います。 興味のある方はぜひ ブログを読んでみてくださいね(^^)/

14_カルカッタコンクエスト

14,15カルカッタコンクエスト(HG)の最安値更新♪

14,15カルカッタコンクエスト
15カルカッタコンクエストHG
最安値情報を
更新いたしました〜



14,15カルカッタコンクエストの最安値情報♪
15カルカッタコンクエストHGの最安値情報♪




以下のブログもやっていますので
宜しくお願いします

釣り具掘り出し物♪
熱血!スキー上達への日々♪
たっきーと工夫生活の日常♪







  

2017 リールについて♪

お久しぶりです



しばらく休養しておりましたm(_ _)m

今回久しぶりに投稿しましたが
今まで通り投稿期間は不定期とさせていただきます



早速ですが
2017年度の新作リールに関して
書いていこうと思います



正直
私は来年度の情報を収集していないため
全然わかりません

すでに情報が入ってるかもしれませんが…

個人的に予想ということで



毎年なんだかんだ
目玉商品を出してくるのが
シマノダイワですよね



しかし
来年度モデルチェンジしそうなリールは…

あまりなさそうな印象です



ステラ4年周期となりましたので
17ステラではなく
おそらくは18ステラとなるでしょう

今後は5年と周期を変えていくので
次は22ステラ、23ステラなどとなるかと思います




思い当たるリールといえば
ソアレ、カーディフ、セフィアのような
専用リールのモデルチェンジです。

ただ
ここら辺のリールって
毎年フィッシングショーで発表されずに
遅れて発表されて発売される
パターンが多いですよね…



あとは
何があるでしょうか…

16ヴァンキッシュも出ましたし
ツインパワーはおそらくステラの後かと思いますし…

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【店内全品ポイント2倍 期間:12月17日20:00〜22日1:59】【シマノ】...
価格:42865円(税込、送料無料) (2016/12/19時点)



ということで
ベイトリールで何か出るような…

個人的には
17カルカッタコンクエストDCの発表があるのでは?

と思っています



14、15カルカッタコンクエスト
16アンタレスDCが発売されたので
次は17カルカッタコンクエストDCかな?

と…


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【店内全品ポイント2倍 期間:12月17日20:00〜22日1:59】【シマノ】...
価格:57456円(税込、送料無料) (2016/12/19時点)



14、15カルカッタコンクエストでも
飛距離、巻き心地、パワーなど
素晴らしいものがあります
ので
DCを出してもどうかなというのがありますが
DCはDCですよね



釣りが好きな方にはわかると思いますが
十分なリールを持っていたとしても
発売されてしまったら欲しいものですよね

私は単なる釣りバカバカですけど
例えば
17カルカッタコンクエストDCが発売されたとして
14、15カルカッタコンクエストを
所有していて
17カルカッタコンクエストDCを持っていても
使わないとしたとしても
欲しいですもん

というか
キャスティングしてみたいです



それから
スコーピオンDCエクスセンスDC
モデルチェンジももしかしたら?

なんか
予想していたら
DCばかりしか思いつかん…



もし
エクスセンスDCがモデルチェンジするなら
レベルワインドはハイスピード化して
PEラインの食い込みを少なくするような設計

しっかりと対応して欲しいと思います




ということで
考えてもなかなか分からない
来年度の新作リールの
しょうもない予想でしたm(_ _)m笑




 


以下のブログもやっていますので
宜しくお願いします

熱血!スキー上達への日々♪
行ったら?そりゃ見逃せないでしょ!!







 

シマノ 14,15カルカッタコンクエストの最安値♪

今回は
14,15カルカッタコンクエスト最安値
載せていこうと思います


14カルカッタコンクエスト100
14カルカッタコンクエスト200

15カルカッタコンクエスト300
15カルカッタコンクエスト400



15カルカッタコンクエスト100 HG
15カルカッタコンクエスト200 HG




以下のブログもやっていますので
宜しくお願いします

熱血!スキー上達への日々♪
行ったら?そりゃ見逃せないでしょ!!


今後のリールについて♪ 〜Part2〜

今回は前回の
今後のリールについて♪ 〜Part1〜
に引き続きベイトリールに関してです



まずはいきなりですが
サイレントチューンという機構についてです。

サイレントチューン


こちらはスプールを保持する2ヶ所のベアリングに
(おそらくバネ)で圧力をかけることによって
高速回転時のベアリングのバタツキ
といった振動を抑制することにより
静穏性の向上やスプールの立ち上がりが
より一層にスムーズになるというもの
みたいです

今後から搭載されていきそうな機構ではありますが
何でもかんでも搭載すれば良い
というものではない気もしています。



というのも
今回は15アルデバランに搭載されましたが
15クラド、15メタニウムDC
15カルカッタコンクエスト100/200 HG
15カルカッタコンクエスト 300/400
には搭載されてなかったからです。

15カルカッタコンクエスト100/200 HG
15カルカッタコンクエスト 300/400に関しては
14カルカッタコンクエスト100/200に搭載していないのに
15カルカッタコンクエスト100/200 HG
15カルカッタコンクエスト 300/400に搭載するのは…

ということで搭載しなかったとも取れますが
15クラド、15メタニウムDCに
搭載されなかったのはなぜでしょうか?



仮に
ある程度上級のモデルにしか搭載しないようなものでしたら
15クラドには搭載されないのかもしれませんが
それでも15メタニウムDCに搭載されていない時点で
おかしいですよね

よって
まだわかりませんが
軽量ルアーを扱うようなベイトリールにしか搭載しないのでは?


というのが結論ですかね



スプールの立ち上がりや静穏性
ということを意識していますので
より軽いルアーをしっかりとストレスなく扱う
ということで搭載しているものと思います



今後
12アルデバラン BFS XGスコーピオン100などが出れば
もしかしたら搭載されるのでは?


と思います。




そして最後にギアについての話です。

スピニングリールには“HAGANE“ギアを搭載していますが
ベイトリールには搭載されているものがありませんね



スピニングリールだと
超々ジュラルミン CF超々ジュラルミン CFバリアギア
が現在最高の素材というふうになっていますが
ベイトリールでは超々ジュラルミンなどが最高
というふうには言わないようです



というのも
ギアの構成が違うから最適なギアの素材というものが
スピニングと違ってくるのだと思います

当然ベイトリールではスピニングリールとでは
ギアの構成が大きく異なっているため回転軸が違い
ギア自体にかかる負荷の方向などが異なってきますよね

ギア同士の素材が同じあるいは異なることで
ギア同士の消耗というものが大きく異なってくるみたいです。



スピニングリールのピニオンギアは
真鍮、高強度真鍮、超高強度真鍮などの真鍮がメイン
それにたいして
ドライブギアは亜鉛ダイキャスト、超々ジュラルミン CF
超々ジュラルミン CFバリアギアなどとなっています。

スピニングリールでは
真鍮系と亜鉛・アルミ系との相性が良いのでしょう



しかし
ベイトリールではそうではないようです。

ピニオンギアは表記がないので
何を使用しているのかわかりませんが
(おそらく真鍮系だと思う。)
ギアの構成として最も単純なギアの構成となっていますよね



経験上ベイトリールは超々ジュラルミンより
超高強度真鍮の方がゴリ感が出ずらく
耐久性が上な感じがします。

どちらかというと
超々ジュラルミンは真鍮に比べ軽いので
軽さが売りのリールに使用されている感じがします。

どちらの素材もそこまで大差はないと思いますが
どちらかというと強度重視なら超高強度真鍮で
より軽さを重視するなら超々ジュラルミンを採用するという
イメージがあります



最後に
これからのベイトリールでやってほしいことですが
やはりベイトリールはゴリゴリと巻き上げるものでもあるので
ギアへの負担が非常に大きく
すぐにゴリ感が出てくる感じがしますので
15ツインパワーのように肉厚、歯幅などを上げて
より強くできればより耐久性が上がっていいな


と思います。



がしかし
そのようなものを搭載しないところを見ると
なかなかうまくいかないのでしょうね…


ベイトリールは今後
ギアの耐久性というものが
課題になってきそうな感じがします







パワープロZと夢屋SVS∞ユニットについて♪

今回は前回の
に引き続き
新製品のラインや夢屋のSVS∞ユニット
について書こうと思います



まずは新製品のラインからですね

私個人的に注目しているのが
パワープロ Zです

今回パワープロシリーズは
パワープロ Zの他にパワープロ ボートゲーム
というのも発売になるみたいですね



パワープロ Zは前作のカラーとは少し変更されていて
ホワイト、イエロー、オレンジ、モスグリーンの4色です。

レッドがなくなりオレンジが追加されました。

(前作にもオレンジありましたが…)


ただリールにレッドを巻いて眺めてるだけならいいのですが
実釣でレッドを使用するのはちょっと見にくかったので
オレンジの方が良いかもしれないですね



そして
今回は2.25号はなくなりまして
0.6、0.8、1.0、1.2、1.5、2.0、3.0、4.0
のラインアップみたいです。
 
(カラーによって無い号数もあります。)



また
従来のものは
1.0号?より細くなると3本編みでしたが
今回のラインの変更点は全て4本編みになりました

特にヨレなどを気にしなければ
全くトラブルなかったのですが
ヨレは気になるといえば気になりますよね

4本編みでも当然ヨレますが
3本編みよりはヨレは目立ちにくいと思います。



それから
編みこみが1本多いということで
4本の隙間が3本でヨッているより
細かいためガイドの擦れ音は少し低減するでしょうね。
 
(耳でわかる程度かわかりませんが…)


もちろん
擦れ音が低減だけでなく摩擦も低減されているので
飛距離アップやラインの消耗のしずらさに貢献しているでしょう



最後に
前作との変更点ですが
原糸が従来に比べ太いみたいです。

1:26 パワープロZ


なので
原糸自体が太いため
根ズレや糸擦れにも強いみたいです



今使っているラインを交換する際には
このラインを使ってみたいと思います




次に夢屋のSVS∞ユニットです。

夢屋SVS∞


こちらは
13メタニウム、12アンタレスに対応しているみたいです。

このSVS∞
14カルカッタコンクエスト、14クロナークCi4+、14スコーピオン
等に搭載された
ブレーキシューが4個ついたタイプのブレーキユニットです。

このブレーキユニットは
オンオフの切り替えが13メタニウム、12アンタレスの物に比べ
やり易いので良いかもしれないですね

それに
ブレーキシュー6個あっても使うことはほとんどないし
4個で十分でしょうね



しかし
SVS∞ユニットが1200円、工賃が2100円で3300円
ということですが…

これって
取り寄せして自分で組み替えできないのですか?

自分で出来るなら自分でやりたいですね…




という感じでざっとではありましたが
今まで十数日間に分けて
2015年の新製品の一部の紹介でした(^^♪

皆さんは
今年欲しいロッドやリールなどは
おきまりでしょうか?







〜釣具オススメショップ〜
釣り具が安いです♪


送料全国一律325円!!


高評価で利用しています♪


ミネベア製のベアリングを買うならここがオススメ♪













楽天市場はポイントが
貯まりますよ♪


釣り旅行のついでに
ポイントが貯まる♪


送料無料がいいですね♪
カテゴリー
月別アーカイブ
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ