〜ブログ・SNS〜 釣り具掘り出し物♪ / たっきーと工夫生活の日常♪ / 熱血!スキー上達への日々♪ / Twitter

ヒラメ100枚への挑戦!!

このブログでは かなり濃くマニアックに専門的に 釣りのことを書いていこうと思っています♪ タックル紹介、釣行、メンテナンスや小技等… をメインに書いていこうと考えています! 自分は主に ソルトウォーターを中心としたルアー専門にやっていて ヒラメ、トラウト、ライトエギング、ロックフィッシュなどやります(^^♪ 特に ヒラメに特化して書こうと思っています。 基本的には 自分の釣りを貫き通し通すということで そんな釣り方を? ということもあると思います。 興味のある方はぜひ ブログを読んでみてくださいね(^^)/

ライン

ロックフィッシュのラインに関して♪ 〜その2〜

今回は前回の
ロックフィッシュのラインに関して♪ 〜その1〜 
に引き続き
フロロカーボンに関して
書いていこうと思います





フロロカーボンというと

硬くて糸癖が強くて…


という印象がありますが
このラインはしなやかで
扱いやすいラインです


もちろん
耐摩耗性も高く
低伸度設計なので感度も良く
ロックフィッシュには最適な
ラインだと思います


ワインレッドというカラーが
水中で乱反射を抑えて
魚に警戒心を与えない設計
なのも
よくできています

磯場などのハードは環境や
大型のロックフィッシュを
釣る時にオススメできます





ロックフィッシュに使用するというより
ヒラメを釣る時のリーダーとして
使用しています


根ズレの強さはもちろんで
感度も良いので
安くたくさん使えるので
非常に重宝しています


16lb


リーダーとしても
使えるラインだと思います

非常にオススメできます




このラインは
フロロカーボン特有の硬さがあって
ちょっとシビアな印象でした

硬さがあるので
感度は抜群に良い感じがするのと
擦れには非常に強い印象でした


穴釣りなど
そういった釣りには
向いていると思ういます




このラインは
価格が高いのがデメリットです

しかし
このライン程
感動したラインはありません



私は
R18フロロリミテッド 3lb 100m
の太さを
ライトロックフィッシュ(夜釣り)
使用していましたが
価格帯は除いて
素晴らしかったです


というのも
耐摩耗性、飛距離、扱いやすさ
ノットの組みやすさ、感度
直線強力の
全てにおいて良く
そしてかなり長持ちします


リグが口の奥に入って
歯でガリガリと削られて
ボロボロになってから
数匹釣り上げても
切れませんでした



それから
ノットの組みやすさですが
ライン同士がしっかりと
食い込んだいる感じで
結節強度というのも非常に高いです


私が使用したのが3lbなので
太いラインはわかりませんが

これが本当にフロロなのか?


というほどしなやかで
扱いやすかったです



そして
一番驚いたのが
かなり長持ちします


1シーズン
かなりの釣行をして
かなり魚を釣りましたが
1シーズン普通に持ちました

こんなに長持ちする
フロロカーボンは
今まで使ったことがありません


ということで
価格帯的に高いですが
長持ちすることを考えると
非常に経済的ではないでしょうか?

フロロカーボンの中で
一番オススメできるライン
なので
ぜひ使ってみてはいかがでしょうか?



ということで
ロックフィッシュの
ラインに関してでした

次回は
ロックフィッシュのハードルアーに関して♪
ハードルアーに関して
書いていこうと思います

以下のブログもやっていますので
宜しくお願いします

熱血!スキー上達への日々♪
行ったら?そりゃ見逃せないでしょ!!







 

ロックフィッシュのラインに関して♪ 〜その1〜

今回は前回の
ロックフィッシュのシンカーに関して♪ 
に引き続き
ラインに関して
書いていこうと思います

ラインには
大きく分けて
ナイロン、フロロカーボン、PEの
3種類あるので
ここではナイロンPEに関して
書いていこうと思います



まずは
ナイロンからです


このラインは
ちょっと高めなのですが
600m巻を購入するとすごくお得です

このラインを
一時期使ってみましたが
ナイロンなのでナイロンらしく
柔らかくて扱いやすかったです

そして
耐摩耗性については
このラインの売りにもなっていますが
実際に使ってみて
普通のナイロンに比べると
擦れに強かったです


ロックフィッシュには
最適なラインでオススメできます




カラーは
グレーという感じで
好みが分かれる感じだと思います

そういう方には
GT-R HM 600m 16lbオススメです

こちらは
カラーがクリアなので
普通のラインのように
違和感なく使えると思います

GT-R ウルトラ HM 3


このラインは
GT-R ウルトラ 16-20lb 600m
と使用した感じ大差ないですが
GT-R HM 600m 16lb
より低伸度設計なので
感度重視のようです





続いて
PEについてです

ロックフィッシュで
スピニングでは
最近PEを使う方が増えている感じもしますが
ベイトではあまりいないように思います。

当然
トラブルが多いというのが
一番の理由だと思います


しかし
PEの太いラインを使えば
ラインの食い込み等を
かなり軽減できるので
ラインを太くすることで
扱いやすくなります




私もほとんどベイトでは
巻いたことがないですが
穴釣りをやる時に
巻いてたことがあります。

2号くらいの太めのPEで
穴釣りをやったので
PEの弱点ある擦れに
耐えることができました


伸びが少ないので
ダイレクトにフッキングが可能ですし
大型が潜り込む前に
抜き上げることも可能です

伸びが少ないということは
魚の引きをダイレクトに伝わるので
引きも楽しめます



一つ欠点を言えば
根掛かりすると切れにくい
ということで
それ以外は特になく
利点の方が多い気がしました

ただし
魚のサイズや釣行時間によっては
すぐにラインがボロボロになるので
そうなったらすぐに切る
というのが大切です


PEは基本的に
ナイロンなどから比べて
高価なものが多いですが
最近ではすごく安いのが出ています



こういったラインで十分です

傷が入ったら
ドンドン切っていくようにすれば
問題ないですし
安いのでドンドン使えます





また
ルアー用に限らず
船用などでも全く問題ないです


船用のものは
安いものが多いので
そういったラインを
使うのも良いと思います




ということで
ロックフィッシュに使う
ラインに関してでしたが
次回は
ロックフィッシュのラインに関して♪ 〜その2〜
フロロカーボンに関して
書いていこうと思います

以下のブログもやっていますので
宜しくお願いします

熱血!スキー上達への日々♪
行ったら?そりゃ見逃せないでしょ!!







  

初めてのロックフィッシュ!ラインの選択♪

今回は前回の
初めてのロックフィッシュ!リグの選択♪
に引き続き
ロックフィッシュに使うラインの
選び方について書いていこうと思います


PE ナイロン フロロカーボン


穴釣りの場合から書いていきますが
基本はキャスティングなどしないので
ナイロン、フロロカーボン、PEでも
なんでも良いのですが
フロロカーボンが理想です

穴釣りでは
必ずと言って良いほど
ラインが擦れてしまうので
そういった擦れに強い
フロロカーボンが良いのですが
フロロカーボンにも欠点があります

まずは
ナイロンより少し高価で
初心者が扱うには扱いにくいことです




現在では
擦れに強いナイロン等が出ているので
そういったラインを使うのも良いですが
お徳用の安いラインで十分だと思っています

安いお徳用のラインの場合は
20〜25lbあたりが良いと思います


ラパラ マルチゲームナイロンライン 20lb
デュエル カーボナイロン 5号 20lb
などオススメです



この釣り方は
1匹〜数匹釣ったら
ラインがザラザラに傷がつくので
この時点でラインを切るのが良いです


なので
高価なラインを使っても
傷はつきますので
安いラインをどんどん使うのが
良いと思います




また
PEラインですが
こちらも2〜3号の太めを使えば
全く問題ありませんが
やはりこちらも
初心者には扱いにくいということで
ある程度慣れてきたら使うようにしましょう


PEラインは
擦れには非常に弱いので
太めで傷がついたら
どんどん切って使うようにしましょう

※切ったゴミは
必ず持ち帰るようにしましょう




続いて
夜釣りの場合ですが
使用するラインはやはり
初心者の方でも扱いやすい
ナイロンがオススメです

太さは6〜8lb(1.5号〜2号)あたりが
良いと思います


サンヨーナイロン GT-R HM 6lb
ラパラ マルチゲームナイロン 8lb
などがオススメです



こちらの釣りは穴釣りに比べ
擦れることが少ないため
細めのラインを使っても基本は大丈夫です



ということで
ロックフィッシュに使うラインの
選び方についてでした

以下のブログもやっていますので
宜しくお願いします

熱血!スキー上達への日々♪
行ったら?そりゃ見逃せないでしょ!!







  

ヒラメ釣りのリーダーシステムについて♪

今回は

ヒラメ釣りでの

リーダーシステムに関して

書いていこうと思います




リーダーシステムって

たくさんありますが

皆さんはどのシステムで組んでいますか?


私は

ヒラメ釣りに関しては

FGノットしか使っていません。


理由は

すごく得意だからです




ただそれだけなのですが

FGノットは組めるまで

難易度が高いですが

組めるようになると

意外と楽に組めて

非常に強いのが特徴的です


ということで

FGノット非常にオススメです



ですが

組めるまでは大変だと思うので

その他にオススメのシステムを

紹介したいと思います




それは

ノーネームノットです

こちらは

ちょっと練習すれば

誰でも比較的簡単に素早く結べるので

初心者の方にも非常にオススメです


そして

強度的にも

普通にヒラメを釣るくらいなら

全く問題ないです





ということで

リーダーシステムに関してでした

以下のブログもやっていますので
宜しくお願いします


なんでもスポーツマン♪









 

 

ヒラメ釣りのリーダーの選び方♪

今回は

ヒラメ釣りで使う

リーダーに関して書いていこうと思います




メインラインが

PEラインに限らず

リーダーというものを使うことがありますが

主にPEラインを使用した時に

使うというのが多いですよね



そこで

ヒラメ釣りに使うリーダーに関してですが

主にナイロン、フロロカーボンがあります。


これは

好みの問題だったり

シチュエーションによっても

使い分けるなどありますが

個人的にはフロロカーボンをオススメします


現在は

耐摩耗性に優れているなどの

ナイロンが出ているのですが

耐摩耗性、感度に関しては

フロロカーボンの方が良い感じがします。

 


リーダーの太さですが

私は16lb4号)を使用しています。


この太さなら

モンスターヒラメ相手でも十分余裕です




ただし 

ストラクチャー(障害物)が多いなど

傷が入ったりしてしまう心配がある時や
初心者の場合でしたら 

20lb25lbといった太さが良いです


リーダーの長さは

ロッドの長さや好みなどでも変わりますが

私は1.5mほどつけていますが

1メートル前後で十分です





私が今までに使って一番良かったのが

クレハ シーガー プレミアムマックス 16lb
です




こちらは

ちょっと高いのがデメリットですが

リーダーとしては最強
と言っていいほどの性能がありました


ラインシステムが非常に組みやすく

耐摩耗性、強度も非常に優れています


プレミアムマックス 16lb 30m 1


一度使うと手放さなくなりますが

正直
リーダー専用として出ているラインでなくても

十分だと思っています




と言うことで

私は最近リールに巻く用

バークレイ バニッシュウルトラ 150M 16lb〜25lb

を購入して

リーダーとして使用してます




こちらをリーダーとして

2シーズンほど使用して

ヒラメをたくさん釣りましたが

全く問題ありませんでした


むしろ

こまめに取り替えるなら

こういったラインで十分です


リーダー専用のものを使った方が

性能は当然良いのでしょうけど

普通に魚を釣るうえで

普通のラインを使用しても

全く問題ないですし性能は十分です


費用もかなり抑えられるので

非常にオススメです


16lb


ただし

半年、1年ほどで使い切れなくなると

ラインが劣化し始めて

切れやすくなってしまうので
注意が必要です


あと

保管の仕方ですが

ラインボビンをむき出しにして保管すると

ラインの部分に何かが当たってしまって

傷が入ってしまうこともあるので

その点は注意が必要です





完璧なリーダーを使用したい

というのでしたら

リーダー専用のライン

クレハ シーガー プレミアムマックス 16lb

などを使うのが良いですが

こまめに取り替えるから

コストパフォーマンス重視

という方は普通の

バークレイ バニッシュウルトラ 150M 16lb〜25lb

などを購入した方が

良いと思います





次回は

リーダーシステムに関して
書いていこうと思います


以下のブログもやっていますので
宜しくお願いします

なんでもスポーツマン♪









 



〜釣具オススメショップ〜
釣り具が安いです♪


送料全国一律325円!!


高評価で利用しています♪


オンライン限定商品♪




ミネベア製のベアリングを買うならここがオススメ♪

















カテゴリー
月別アーカイブ
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
ブログ村