最近シマノの動画でボーダレスGL(ガイドレス仕様・Pモデル)を使用した釣行を見たのですが、驚きました。

というより、そのロッドでそんな魚を釣ってしまうのか、ということに驚きました!笑



ガイドレスの「のべ竿」で 、カツオやキハダマグロなどを釣るというものです。

確かに、カツオの一本釣りがあるので、カツオはわからないでもないのですが、キハダマグロも釣ってしまうというのに驚きです。

動画では数キロクラスのキハダマグロなので、それ以上のサイズは非常に釣り上げるのに困難があるかもしれませんが、それでも十分にすごいです。


私がこの動画を見て驚いたのは、ロッドの耐久性とロッドの曲がりです。

魚に走らせても無理やりロッドで止めることができるパワーがあり、さらに動画では太い針が伸ばされていたということで、太軸の針が伸びてもロッドはビクともしないということが非常にすごいことだなと感じました。


それから、のべ竿といえば継数が非常に多いのが特徴です。

継数が多いとその繋ぎ目で歪みがたまり、 ロッドのベンドカーブが綺麗に描けず、結果的にパワーロスにつながります。

しかし、動画を見ると綺麗なベンドカーブが描けているということで、繋ぎ目の部分も非常に精度高く作られていると感じました。


また、ラインを結ぶ先端部分には、非回転式「超感」トップが採用されていて、カツオやキハダマグロとやりとりをしてもほとんど抜けることがなく、非常に固定力も高いと感じました。



まさにのべ竿の極地を追求したロッドだと感じました。

こんな強いロッドですが、これでチカ釣りなんてやったら。。。笑




以下のブログもやっていますので
宜しくお願いします

釣り具掘り出し物♪
熱血!スキー上達への日々♪
たっきーと工夫生活の日常♪




アウトドア&スポーツ ナチュラム

【メガバスオンラインショップ】

日本最大級のカスタムパーツ品揃え!ヘッジホッグスタジオ
短期間で免許を取りたい方はこちら


業界最安値水準!不用品回収なら【オールサポート】

インターネット家庭教師Netty