今回は前回の
ロックフィッシュのラインに関して♪ 〜その1〜 
に引き続き
フロロカーボンに関して
書いていこうと思います





フロロカーボンというと

硬くて糸癖が強くて…


という印象がありますが
このラインはしなやかで
扱いやすいラインです


もちろん
耐摩耗性も高く
低伸度設計なので感度も良く
ロックフィッシュには最適な
ラインだと思います


ワインレッドというカラーが
水中で乱反射を抑えて
魚に警戒心を与えない設計
なのも
よくできています

磯場などのハードは環境や
大型のロックフィッシュを
釣る時にオススメできます





ロックフィッシュに使用するというより
ヒラメを釣る時のリーダーとして
使用しています


根ズレの強さはもちろんで
感度も良いので
安くたくさん使えるので
非常に重宝しています


16lb


リーダーとしても
使えるラインだと思います

非常にオススメできます




このラインは
フロロカーボン特有の硬さがあって
ちょっとシビアな印象でした

硬さがあるので
感度は抜群に良い感じがするのと
擦れには非常に強い印象でした


穴釣りなど
そういった釣りには
向いていると思ういます




このラインは
価格が高いのがデメリットです

しかし
このライン程
感動したラインはありません



私は
R18フロロリミテッド 3lb 100m
の太さを
ライトロックフィッシュ(夜釣り)
使用していましたが
価格帯は除いて
素晴らしかったです


というのも
耐摩耗性、飛距離、扱いやすさ
ノットの組みやすさ、感度
直線強力の
全てにおいて良く
そしてかなり長持ちします


リグが口の奥に入って
歯でガリガリと削られて
ボロボロになってから
数匹釣り上げても
切れませんでした



それから
ノットの組みやすさですが
ライン同士がしっかりと
食い込んだいる感じで
結節強度というのも非常に高いです


私が使用したのが3lbなので
太いラインはわかりませんが

これが本当にフロロなのか?


というほどしなやかで
扱いやすかったです



そして
一番驚いたのが
かなり長持ちします


1シーズン
かなりの釣行をして
かなり魚を釣りましたが
1シーズン普通に持ちました

こんなに長持ちする
フロロカーボンは
今まで使ったことがありません


ということで
価格帯的に高いですが
長持ちすることを考えると
非常に経済的ではないでしょうか?

フロロカーボンの中で
一番オススメできるライン
なので
ぜひ使ってみてはいかがでしょうか?



ということで
ロックフィッシュの
ラインに関してでした

次回は
ロックフィッシュのハードルアーに関して♪
ハードルアーに関して
書いていこうと思います

以下のブログもやっていますので
宜しくお願いします

熱血!スキー上達への日々♪
行ったら?そりゃ見逃せないでしょ!!