〜ブログ・SNS〜 釣り具掘り出し物♪ / たっきーと工夫生活の日常♪ / 熱血!スキー上達への日々♪ / Twitter

ヒラメ100枚への挑戦!!

このブログでは かなり濃くマニアックに専門的に 釣りのことを書いていこうと思っています♪ タックル紹介、釣行、メンテナンスや小技等… をメインに書いていこうと考えています! 自分は主に ソルトウォーターを中心としたルアー専門にやっていて ヒラメ、トラウト、ライトエギング、ロックフィッシュなどやります(^^♪ 特に ヒラメに特化して書こうと思っています。 基本的には 自分の釣りを貫き通し通すということで そんな釣り方を? ということもあると思います。 興味のある方はぜひ ブログを読んでみてくださいね(^^)/

ロックフィッシュ調査♪

5月3日土曜日調査ということで
ハードロックフィッシュしに行きました



そろそろ水温も少しずつ上がってきましたので
魚の食いも良くなってるのでは??



と思いとりあえずはサーフへ入りました

地元が道南地方ということで道南のサーフです



このサーフは自分がよくいくサーフで
テトラポットがあり海藻がものすごく生い茂っているので
ロックフィッシュポイントとしては最高の場所です

毎年このサーフにこの時期に行きますが
40センチ前後のアイナメが8本程釣れます

水深が浅いし人もおそらく自分くらいしか行かない場所なので
産卵しにくる魚がついているのでしょうね



結果として今回は…




撃沈!笑




今年は雪代が一気に出たので水温がまだ低いようです



ということで場所を変えて港へ…



とりあえず歩く距離が多い
という港に入ったのでタックルは1セットのみで
調査ということでテトラを攻めることにしました



テトラの隙間にバルキーのパワーホッグ3インチを
テキサスリグで入れるとすぐにアタリ

すぐに合わせを入れると上手くフッキングでき
26センチ程の産卵前のエゾメバルが掛かってました



最近ナイトゲームのソイイングをやってたら
良い型のエゾメバルがよく食ってきますね



それから他の場所にワームを通すとまたすぐにアタリ

巻き上げると今度は26センチ程のシマゾイが掛かってました

5:3

とりあえず大きさはさておいてまずまず反応があるので
少し移動してどう反応するか見てみたかったので
移動してまたワームを落とし込んでると…



小さいアタリがあって合わせますがスッポ抜け



もう一度落とし込んで着底してラインを張った時に重みが…



合わせを入れると今度は上手くフッキングできて
あんまり引きませんが結構な重量感



上げてくると41センチのシマゾイでした

5:3 41㎝ 3

オカッパリでこのサイズは嬉しですね〜(^^♪

重さは測ってませんが1キロは軽く超えていたと思われます

5:3 41㎝ 2

このシマゾイを釣って今回の釣行は終了することにしました



今回の調査でわかったことは魚のバイトがわかりにくかったり
あんまり引かないことから水温が若干低いのだと思います

それにより
水温低くあまり動き回らないのか
落ちてきた物をじっと待って捕食している感じもしました!

それと最近の魚の吐くものやフンを見ていると
甲殻系(カニなど)を食べてますね

上を意識しているのでフォール中に反応が良いです



この時期テトラポットなどで穴釣りをするには
最高ではないでしょうか?



以上調査釣行でした〜




〜今回使用したタックル〜


ロッド:シマノ バスワン 1582−2

ルアー:バークレイ バルキーパワーホッグ3インチ CPBF(グリーンパンプキンブルーフレック) 

12アンタレスのブレーキシューについて♪

今回は12アンタレスのブレーキシューが

硬くて調整し難い

という場合の対処法をこの記事では書いていきたいと思ってます
 
12アンタレスボディ5

初期ロットの12アンタレスは

キャストしたらOFFにしてたのにONになってた

という不具合をよく聞きましたが
おそらくブレーキシュー自体の形が崩れて
緩くなっていたのでしょう
 
ということで
ON、OFFが簡単にできる状態だったと思います




しかし自分が購入したこの12アンタレスは
おそらくその問題が出たあとで
改良された個体だったのでしょう


付属している白色のブレーキシューはまだしも
もとからスプールについている赤色のブレーキシューは
指では硬すぎてONにできませんでした




爪楊枝などで(下の画像の枠の所)を押してあげないと
硬すぎてONにできませんでした

SVS∞ 爪楊枝

実際に釣り場でそのようなことをいちいちやって
ON、OFFなんてしてられませんよね…





白色のブレーキシューは
ちょっと硬く(実際に指でON、OFFができる程度の硬さ)
勝手にONになる問題もなさそうということで理想的な硬さです





赤と白ではなぜこんなに硬さが違うのか…




と見え難いですがよく見てみると画像でもわかる通りに
画像の部分の幅が全然違います

ブレーキシュー 白、赤

そこで考えました







ということは単純に赤のこの部分も
白と同じくらいの幅までハサミやカッターなどで
カットすればいいのでは





と思い切ってやってみたら…





素晴らしい!!






いい感じに出来上がりました

ブレーキシュー 赤、赤改造2

このようにすることにより白と同じように
指で楽に素早くONに出来るようになりました



この記事ではカットする方法をご紹介いたしましたが
画像の部分をヤスリ等で削って薄くすることにより
画像の部分を柔らかくしON、OFFをしやすくするという
やり方も良いかもしれませんね








以上対処法でした







もし何かわからないことがあれば
コメントしてくださいね(^^♪

〜釣具オススメショップ〜
釣り具が安いです♪


送料全国一律325円!!


高評価で利用しています♪


オンライン限定商品♪




ミネベア製のベアリングを買うならここがオススメ♪

















カテゴリー
月別アーカイブ
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
ブログ村