〜ブログ・SNS〜 釣り具掘り出し物♪ / たっきーと工夫生活の日常♪ / 熱血!スキー上達への日々♪ / Twitter

ヒラメ100枚への挑戦!!

このブログでは かなり濃くマニアックに専門的に 釣りのことを書いていこうと思っています♪ タックル紹介、釣行、メンテナンスや小技等… をメインに書いていこうと考えています! 自分は主に ソルトウォーターを中心としたルアー専門にやっていて ヒラメ、トラウト、ライトエギング、ロックフィッシュなどやります(^^♪ 特に ヒラメに特化して書こうと思っています。 基本的には 自分の釣りを貫き通し通すということで そんな釣り方を? ということもあると思います。 興味のある方はぜひ ブログを読んでみてくださいね(^^)/

パルスワームの型くずれ修正ネタ♪

ガルプパルスワームをよく使う方いますか?



パルスワームをテキサスリグなどで
フックに通して使うとすぐに画像のようにズレたりしませんか??

パルスワーム白 オカッパリフック1:0型くずれ1

自分はよくヒラメやロックフィッシュに使いますが
単純にタダ巻きならさほどズレませんが
リフト&フォールやシェイクしたりして使うと
すぐにズレてしまいますね…



フックの種類によってズレ難いタイプの物もありますが
ここでは下の画像のような普通のフックを使って
ズレ易くなっているワームでも
ズレ難くする方法をご紹介いたします





ここでは夜光パイプを使ったやり方をご紹介いたします

ここから画像を使って説明していきたいと思います

まず準備する物は
ライン(PEがやりやすい。)、ハサミ夜光パイプフックです。 

パルス修正ネタ 用意するもの

パイプを画像のように薄く切ります。

パルス修正ネタ用

次にPEラインをチチワ結びなどで輪っかを作ります。
直接フックに結んでもOKです。

PEライン チチワ結び

そしてこの輪をフックに通します。

PEライン フック1

そしてフック自体を輪に通します。

PEライン フック2
 
そしてラインを引っ張ると画像のようになりますね

PEライン フック3
 
それからラインの端に先ほどカットした夜光パイプを通します。

パルス修正ネタ フックPEライン夜光パイプ3
 
そしてもう一度夜光パイプにラインを通します。

パルス修正ネタ フックPEライン夜光パイプ1

そして引っ張ると画像のようになりますね

PEライン 夜光パイプ2

この夜光パイプをフックの方へ方へと移動していくと…

パルス修正ネタ フックPEライン夜光パイプ2

上の画像のようになります。

そして最終的にこのような形にもってこれますね

改良オカッパリフック1:0
 
これで完成です

パルスワームをつけるとこんな感じです

パルスワーム白 オカッパリフック1:0改良

追加:この部分非常に意味不明な感じの説明になっているので
パルスワーム型くずれ修正ネタ♪ 〜修正1〜
で詳しく説明しています。


この状態で使ってみると
ズレ難く非常に安定して使うことが出来ます



もちろんワームの損傷がひどく
フックの通した穴が大きく開いた場合などは厳しいです

どうしても使いたい場合はフックの止める物を
夜光パイプのサイズを大きくするとか引っかかりを大きくする
必要があります




ここでは夜光パイプでの紹介でしたが
輪ゴムなど固定できる物であれば使えると思います

ハンダ付けとかガン玉など考えましたが
フックの重さやバランスが変わってくるので
フック自体の性能が変わってしまうと思います



フック自体の性能が変わると
フォールする早さだったり
スイミング、フォールしたときの
ワームの姿勢が変わってしまいます

オカッパリフック1:0 瞬貫1:0

なので画像のようなフックを使用してやる場合に
比重が大きい物を固定物として使用するのは
あまりよくないでしょうね





以上ガルプパルスワームのフックズレ防止方法でした〜





何かわからないことがあればコメントしてくださいね(^^♪

ロックフィッシュ調査♪

5月3日土曜日調査ということで
ハードロックフィッシュしに行きました



そろそろ水温も少しずつ上がってきましたので
魚の食いも良くなってるのでは??



と思いとりあえずはサーフへ入りました

地元が道南地方ということで道南のサーフです



このサーフは自分がよくいくサーフで
テトラポットがあり海藻がものすごく生い茂っているので
ロックフィッシュポイントとしては最高の場所です

毎年このサーフにこの時期に行きますが
40センチ前後のアイナメが8本程釣れます

水深が浅いし人もおそらく自分くらいしか行かない場所なので
産卵しにくる魚がついているのでしょうね



結果として今回は…




撃沈!笑




今年は雪代が一気に出たので水温がまだ低いようです



ということで場所を変えて港へ…



とりあえず歩く距離が多い
という港に入ったのでタックルは1セットのみで
調査ということでテトラを攻めることにしました



テトラの隙間にバルキーのパワーホッグ3インチを
テキサスリグで入れるとすぐにアタリ

すぐに合わせを入れると上手くフッキングでき
26センチ程の産卵前のエゾメバルが掛かってました



最近ナイトゲームのソイイングをやってたら
良い型のエゾメバルがよく食ってきますね



それから他の場所にワームを通すとまたすぐにアタリ

巻き上げると今度は26センチ程のシマゾイが掛かってました

5:3

とりあえず大きさはさておいてまずまず反応があるので
少し移動してどう反応するか見てみたかったので
移動してまたワームを落とし込んでると…



小さいアタリがあって合わせますがスッポ抜け



もう一度落とし込んで着底してラインを張った時に重みが…



合わせを入れると今度は上手くフッキングできて
あんまり引きませんが結構な重量感



上げてくると41センチのシマゾイでした

5:3 41㎝ 3

オカッパリでこのサイズは嬉しですね〜(^^♪

重さは測ってませんが1キロは軽く超えていたと思われます

5:3 41㎝ 2

このシマゾイを釣って今回の釣行は終了することにしました



今回の調査でわかったことは魚のバイトがわかりにくかったり
あんまり引かないことから水温が若干低いのだと思います

それにより
水温低くあまり動き回らないのか
落ちてきた物をじっと待って捕食している感じもしました!

それと最近の魚の吐くものやフンを見ていると
甲殻系(カニなど)を食べてますね

上を意識しているのでフォール中に反応が良いです



この時期テトラポットなどで穴釣りをするには
最高ではないでしょうか?



以上調査釣行でした〜




〜今回使用したタックル〜


ロッド:シマノ バスワン 1582−2

ルアー:バークレイ バルキーパワーホッグ3インチ CPBF(グリーンパンプキンブルーフレック) 
〜釣具オススメショップ〜
釣り具が安いです♪


送料全国一律325円!!


高評価で利用しています♪


オンライン限定商品♪




ミネベア製のベアリングを買うならここがオススメ♪

















カテゴリー
月別アーカイブ
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
ブログ村