〜ブログ・SNS〜 釣り具掘り出し物♪ / たっきーと工夫生活の日常♪ / 熱血!スキー上達への日々♪ / Twitter

ヒラメ100枚への挑戦!!

このブログでは かなり濃くマニアックに専門的に 釣りのことを書いていこうと思っています♪ タックル紹介、釣行、メンテナンスや小技等… をメインに書いていこうと考えています! 自分は主に ソルトウォーターを中心としたルアー専門にやっていて ヒラメ、トラウト、ライトエギング、ロックフィッシュなどやります(^^♪ 特に ヒラメに特化して書こうと思っています。 基本的には 自分の釣りを貫き通し通すということで そんな釣り方を? ということもあると思います。 興味のある方はぜひ ブログを読んでみてくださいね(^^)/

ハードロックフィッシュでのスピニングとベイトの使い分けについて♪

今回ではハードロックフィッシュにおける
スピニングベイトの使い分けについて
書いていきたいと思います

ベイト、スピニング6

以前こちらの
ハードロックフィッシュのスピニングとベイトの使用について♪
記事でも自分なりの使い分けを書きましたが
ここでは初めてハードロックフィッシュを
はじめる方でも使い分けしやすいように
書いていきたいと思います




〜スピニングタックル〜  

スピニングリールは細いラインが得意ですね

という事は軽いルアーも得意という事ですよね



それからハードロックフィッシュで使う
ルアーアクションは色々あると思いますが
まず基本はリフト&フォールタダ巻きです。

スピニングリールでリフト&フォールをやると
慣れている人なら大丈夫ですが
フォールした時にラインのテンション(張り具合)が
ほとんどかからないです。

その時に巻き取ると
スプール上でラインが浮くので
フカフカした状態になると思います

このような状態でキャストすると
ライントラブルが起きてしまいます



一方タダ巻きですが
スピニングリールでやっても全く問題ないですよね

むしろルアーを引っ張るわけですから
ラインに常にテンションがかかっている状態で
非常に良い感じでスプールに巻き取られていきます



また
スピニングロッドはティップ(先端)が
柔らかめの物があって食い込みが良いので
タダ巻きでもバイトを弾き難いです



ということで
スピニングはタダ巻きが得意だということですね

スピニングタックル2

スピニングタックル
ジグヘッドを使った(スイミング)タダ巻き
軽いルアーを使った釣りやノーシンカーリグなども
扱いやすいです。



磯場など根がかりが多い場所を攻めたりする場合は
テキサスリグなどを使うのも良いですね









〜ベイトタックル〜

スピニングタックルの不得意だった
重たいルアーを使った釣りリフト&フォール
はベイトタックルの方が扱いやすいです

かといってベイトリールもあまりにも
ラインが浮くくらいのテンションで巻き取るのは
さすがによくないです



一方タダ巻きですが
全然出来ないことはありませんが
巻く早さの調節とか慣れないと結構難しいです

それにわりと
ベイトロッドは硬い物が多いので
巻きだとバイトを弾いてしまう事も結構あります



それからベイトタックルは
非常にキャストのコントロールがしやすいと思います

なので集中して
海藻や港のコンクリート、テトラポットの隙間
あるいは磯の沖の岩の周りにキャストしたりと
ストラクチャー(障害物)にキャストする事が可能です。

それに
テトラの隙間で真下に落とし込みなどの釣りをする際に
スピニングリールより圧倒的に
安定してラインを送り込む事ができます

隙間で魚を掛けたら
魚は首を振って潜り込もうとしますが
それを無理矢理に引っ張り上げるのですから
もしラインが張ったまま
擦れればすぐに切れてしまいますよね

この手の釣りでは
完全にラインが太くて強くないいけません

しかしベイトリールは
太いラインを使う事ができますので
この手の釣りには非常に相性が良いです

そしてベイトリールはパワーがあるし
太いラインを使えるのでゴリゴリ巻いて
一気に根から引きはがせます




ベイトタックル2

ベイトタックル
根がかりし難いテキサスリグを使ったリフト&フォールや
ストラクチャー周りや隙間にキャストする釣り
テトラの真下に落とし込む穴釣りに向いています



手返しがとても良いので
ボートで流しているようなテンポの速い釣りにも 
対応してます。








最後に
ここではあくまでもハードロックフィッシュをやる上での
簡単な使い分けを書いてきましたが
やはり最終的には自分の好みというものがあります。



釣り方次第によっては
ベイトだけしか使わない人だっていますので
やってみて自分の合うタックルを選択していくと
より楽しんで釣りができると思います(^^)




長文になりましたが
また何かあればコメントしてくださいね(^^♪



次回は 
ハードロックフィッシュロッドの選び方について♪
です 

ハードロックフィッシュリールの選び方について♪

前回  ハードロックフィッシュのスピニングとベイトの特性♪
 ハードロックフィッシュに使うリールの特徴を書きました

引き続き今回は
ハードロックフィッシュをやる上で
どのようなリールを使うと良いのかということについてです



皆さんはどのようなリールを使っていますか?

ベイト、スピニング3

まずは
スピニングから説明していきます

使うライン、ロッドの長さによっても変わってきますが
ナイロン12lbがおよそ150m巻けるくらいのサイズ
のリールが良いと思います。

・シマノだとC3000
・ダイワだと2500
など


それから当然ライントラブルが少ないのが良いです。

・シマノだとAR-Cスプール
・ダイワだとABSスプール
など


やはりライントラブルが多いと
楽しい釣りも集中が出来ないですよね…



ギア比ですが
ローギアハイギアは好みですが
ハイギアがオススメです

理由としては
キャストしたときのラインスラッグや
風がある日に出るスラッグを素早く回収できるし
魚を食わせてポンピングで上げてくるときの
スラッグの回収が早いのでバラし難いのと
魚が潜られる前に素早く引き離す事が出来るためです


ドラグはジーっとトラウトなどのように
走るような感じには出ないので
ドラグ性能は高性能でなくても釣り具メーカーで
出してるリールのものなら十分
です



上記で示したものを
満たした物であれば十分快適
ハードロックフィッシュで使用することが出来ます



また、
リールが軽量で疲れ難かったり
強いギアが搭載されて耐久性があったりすると
なお良いでしょう

05ツインパワーC3000(改)、13ソアレCi4+C2000PGSS



ベイトリールについてです



ラインが最低でも14lbで100m以上
巻けるラインキャパシティが豊富な物が良いです。

出来れば16lb、20lbが100m以上巻ければ完璧です



ギア比はスピニング同様ハイギアが良いと思います

理由に関してはスピニングと同じですが
もう一つ言うなら…

例えば
リフト&フォールをした時
フォールでバイトがあった場合に
フォールで出たラインスラッグを回収しないと
上手くフッキング出来ませんよね?

なので
魚がルアーを離す前にラインスラッグを回収して
フッキングに持ち込みたいのです



とりあえず
上記に書いたのがオススメできる
最低条件という感じでしょうか…



その他
ベイトは結構ゴリ巻きするのでハンドルが長い方が楽です

また
基本ほとんどどんな釣りでも同じ事が言えますが
飛距離が出た方が圧倒的に有利になります

08メタニウムMgDC7、12アンタレス

最後に
上記で色々書いてきた事はこの釣りでは必要な条件です

しかし
好みという問題があるので
最終的には自分の好みと最低条件を組み合わせて
使うリールを選択すると良いでしょう

5:8 サーフ3

もし何かあればコメントくださいね(^^♪ 



次回は
ハードロックフィッシュでのスピニングとベイトの使い分けについて♪
です
〜釣具オススメショップ〜
釣り具が安いです♪


送料全国一律325円!!


高評価で利用しています♪


オンライン限定商品♪




ミネベア製のベアリングを買うならここがオススメ♪

















カテゴリー
月別アーカイブ
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
ブログ村